教員業績一覧

教員の業績一覧はリンク先をご覧ください。

博士論文一覧

福田悟志技術文書を統合した動向分析システムの自動構築(2016年9月)
石野亜耶ソーシャルメディアを利用した観光支援システムの自動構築(2014年9月)
Mitsuko Yamura-TakeiTheoretical, Technological and Pedagogical Approaches to Zero Arguments in Japanese Discourse: Making the Invisible Visible(竹井光子:日本語談話におけるゼロ代名詞への理論的・技術的・教育的アプローチ:見えない要素の可視化)(2005年3月)

修士論文一覧

平成28(2016)年度
高橋拓誠:トピック情報を考慮した用例ベース対話システム
田渕悠真:ユーザ感情を考慮した返答のための対話ルール自動生成手法
平成27(2015)年度
飯沼俊平:行動タイプを利用した複数旅行ブログエントリの自動要約
島田恵輔:海外観光イベントに関する動画検索システムの開発
木村葵:Twitterとword2vecを用いた時期に合った返答発話選択手法
小川湧眞:印象抽出を目的とした画像情報によるファッションアイテムのディテール自動認識
村上大志:アイテムを構成するディテールに焦点を置いたファッションアイテム検索支援システム
平成26(2014)年度
中橋光:SNSを用いた迅速な論文の重要度の評価
藤井一輝:旅行ブログエントリの属性に基づいた旅行者の行動分析
藤原泰士:イベントデータベースとブログの自動対応付け
前田剛:場所に焦点を当てた複数旅行ブログの自動要約
河下勇太:コーディネートデータを用いた色の組み合わせから喚起されるファッションイメージの抽出
TANG BA NHAT:音声に含まれる感情を考慮した自然言語対話システム
森下康生:発話における言語的感情表出と音声的感情表出の食い違いの検出
平成25(2013)年度
沖村秀哉:就職面接における不適切回答の自動添削手法
栗栖道久:医療コミュニケーションにおける不適切発話検出のための言語的特徴と音響的特徴の効果
平成24(2012)年度
畝田将登:特許請求項と詳細説明の自動対応付けによる言い換え表現抽出
小田原周平:ブログからのユーザの行動経路の自動抽出と可視化
斉藤隆太:新聞記事とWebからのイベント情報の自動抽出
畑本典宣:Twitterユーザに対するスペクトラルクラスタリングと凝集型クラスタリングの比較
濱田翔吾:機能語辞書に基づく投稿者の意思を反映したマイクロブログ記事の発見
福田悟志:要素技術とその効果に着目した技術文書の自動分類及び動向分析
和田龍之介:SVMを用いた言語情報と音声情報に基づく医療コミュニケーションにおける不適切発話の検出手法
平成23(2011)年度
市川博通:言語モデル構築のための未知語自動獲得
井上僚介:音声対話システムのための質問応答データベース管理手法の提案とその考察
矢舗将隆:統計的機械翻訳技術を用いた技術マニュアルの作成支援
平成22(2010)年度
石野亜耶:ブログを中心とした観光情報の組織化
大谷章:3次元仮想空間におけるエージェントの移動動作を対象とした視点変化の分析
向井友宏:マイクロブログの分析に基づくユーザの嗜好とタイミングを考慮した情報推薦手法の提案
平成21(2009)年度
小林大祐:新聞記事とブログからの意見文の自動抽出
近藤友樹:論文と特許からの技術動向マップの自動構築
平原一帆:言い換えを用いたテキストの自動評価
平成19(2007)年度
釜屋英昭:論文用語の特許用語への自動変換
平成18(2006)年度
末永健:同一内容の特許と論文の対応付け
谷澤俊史:質問応答技術を用いたユーモア応答
平成17(2005)年度
安善奈津美:特許、論文データベースを統合した検索環境の構築
谷口裕子:複合語翻訳による異言語で記述された書誌情報の同定
矢野宏実:程度・信頼度表現を考慮したWeb文書からの評判情報抽出手法
平成16(2004)年度
大山芳子:移動動詞を用いた代名詞照応のための一考察
森下智史:論文データベースからのイディオム用例検索
平成15(2003)年度
家守正人:WWW上の学術情報の収集と組織化に関する研究
瀬田元気:感性語ベクトル空間を用いた確率的判定尺度による比喩性検出
深川隆之:見立て詞による相互情報量を用いた換喩の獲得
松岡祥吾:文脈情報と文脈外知識による日本会話文の動詞省略補完
笠信太郎:Web文書からの店舗情報抽出
平成14(2002)年度
佐藤康将:英日機械翻訳のためのセンタリング理論を利用した自然な訳文生成
冨士枝剛:心象の変化を考慮した指示詞の照応解析に関する研究
吉江誠:真偽疑問文に対する返答発話の肯定/否定意図解析手法の改良
平成13(2001)年度
小野賢治:感情表現発話からの好感度獲得手法
川本真司:嗜好情報獲得のための知識構造化手法
中川伸吾:日本語対話文の省略動作主補完のための決定木学習の考察
平成12(2000)年度
小川貴正:特定の形容詞群によるシーン雰囲気の記述に関する研究
財満康通:統計手法と言語特徴を用いたテキストアライメント
武原陽一:副詞情報を考慮した情緒生起手法
河野香織:表層情報を用いた物語文の場面構築に関する一考察
平成11(1999)年度
中本泰然:配列アライメントを用いた形態素レベルでの逸脱解消
光永隆昭:表層情報を用いた依頼検出
山根基樹:ユーザーの要求を考慮した自動実況システム

卒業論文一覧

平成28(2016)年度
杉原穂:対話を通じて話者の嗜好情報を学習する音声対話システム
村田唯:感情音声データベースの構築と音響的特徴に基づく発話音声からの感情推定
谷有希:ソフトクラスタリングを用いた発話音声に含まれる複数感情の検出手法
岡根泰彬:音響的特徴に基づく新しい感情クラスの自動発見手法
水谷麻由:音声の感情表現のための語頭の文字の繰り返しと語尾の強弱
伊藤拓真:旅行ブログと特許からの地域性の検出
佐藤菜摘:体験型スポットの検出による地域の魅力発見システムの構築
光嶋美宙:行動タイプを利用した複数英語旅行ブログエントリの自動要約
乗重雅誉:技術関連記事を用いた動向分析支援システムの構築
平成27(2015)年度
石川綾美:旅行口コミサイトからの旅行ノウハウ情報の自動抽出
新田崇人:外国人旅行者の行動分析および地域性の判定
佐々木隆志:旅行ブログエントリへの緯度・経度情報の自動付与
重田識博:論文データのYahoo!知恵袋カテゴリへの自動分類
平前歩:テキスト診療データの国際疾病分類への自動分類
片谷諄:知的対話エージェントのための願望生成ルール自動抽出手法
上村譲史:字句情報,音響情報,表情から推定した話者感情の食い違い状況の分析と食い違い自動検出手法の提案
新升悠太:7感情の強度推定結果に基づく音響的特徴からの話者感情の推定手法
平成26(2014)年度
阿部良輝:機械学習とブートストラッピングを用いたWeb文書からのランドマークの自動抽出
江木千沙都:観光コンテンツの時空間領域への自動マッピング
平山拓実:小説や旅行記からの地理情報の自動抽出と編纂
正畠かな:複数料理レシピの自動要約
西川亜実:料理オントロジーを用いた英語料理レシピ検索システムの構築
大田純也:音響情報に基づく日常発話からの感情推定
高橋拓誠:BDIモデルを用いた対話戦略に基づく知的エージェントの構築
藏下ゆり:アイテム推薦を目的とした女性向けファッション誌専属モデルのイメージ抽出
高木智章:アイテムシルエットを用いたファッションアイテム検索支援システム
藤島あずさ:ファッションアイテムの紹介文解析と画像認識を用いたハイブリット手法による対照的なスタイルの検出
平成25(2013)年度
飯沼俊平:新情報の追加によるサーベイ論文の作成支援
河野有希:場所に焦点を当てた複数ブログの自動要約
島田恵輔:観光イベントに関する動画の自動収集
山本夏生:旅行ブログとイベントデータベースの自動対応付け
辻田美穂:ブログからの料理の失敗事例の検出
土居洋子:料理レシピと特許データベースからの料理オントロジーの構築
板倉愛:音声入力による医療記録作成のための医師発話自動分類手法
木村葵:情緒計算手法適用のための話し言葉からの深層格フレーム生成手法
小川湧眞:オンラインショッピングサイト向けの商品紹介文自動分類
村上大志:オンラインショッピングサイトにおけるコーディネートの類似度判定手法と印象評価
森田幹己:Naive Bayesを用いた商品紹介文の自動カテゴリ分類
平成24(2012)年度
河下勇太:社会ネットワーク分析に基づく指標及びリプライ回数に着目した決定木によるマイクロブログユーザの分類
中橋光:Twitterと論文との自動対応付けによる論文の重要度の評価
藤井一輝:情報利得とトピックモデルを用いた観光ガイドブックの構造解析
藤原泰士:画像解析技術を用いた観光ガイドブックの構造解析
寶來聡隼:SVMを用いた対話システムのための発話行為の自動分類
前田剛:JR沿線観光情報提示システムの構築
森下康生:音声情報を用いた感情表現発話の分類手法
沖本道高:医療コミュニケーションにおける気持ちのこもっていない発話の検出手法
平成23(2011)年度
喜多将人:英語コーパスからの旅行用語定義文の自動抽出
寺田亮太:リンクの評価極性を利用した関連用語の自動収集
寺西拓也:観光ガイドブックへの質問応答コンテンツの自動対応付け
道家佐季:英語旅行ブログからのノウハウ,イベント情報の自動抽出
冨永裕太:行政に関するSNS上のコメントの自動分類
野村達二:旅行ガイドブックの構造解析と組織化
平山智子:観光ガイドブックへの旅行ブログエントリの自動対応付け
沖村秀哉:SVMを用いた就職面接における不適切回答の検出手法
栗栖道久:音声情報を用いた医療コミュニケーションにおける不適切発話の検出手法
中本典子:広島弁を扱うための音声認識装置Juliusの言語モデルの改良
田渕悠真:話題依存型対話エージェントのためのランキング学習を用いた応答選択手法
託見真宏:Support Vector Machineによるオンライン百科事典を利用した音声認識辞書追加登録のための未知語判定
平成22(2010)年度
畝田将登:判例文書とニュース記事の自動対応付け
小田原周平:省略解析技術を用いた旅行ブログエントリからの旅行者の行動経路の自動抽出
斉藤隆太:新聞記事からのイベント情報の自動抽出
新見沙織:日英旅行ブログの対応付け
畑本典宣:マイクロブログにおけるユーザのクラスタリングとその特徴語抽出
濱田翔吾:マイクロブログにおける有益な情報取得のための記事分類
福田悟志:技術文書からの動向情報の抽出と可視化
松本優:広島弁の活用情報を用いた形態素解析システムChasenの改良
間弓沙織:日英特許データベースからのシソーラスの自動構築
和田龍之介:SVMを用いた医療コミュニケーションにおける不適切発話の検出手法
平成21(2009)年度
矢舗将隆:言い換えを用いた技術マニュアルの翻訳支援
高原由美:旅行ブログエントリからの旅行者の行動経路の自動抽出
馬越麻由:旅行ブログエントリからの観光名所情報の自動抽出
井上僚介:確率的LSAによる学習を用いた音声認識誤りに頑健な応答選択手法
市川博通:単語信頼度と言語情報をCRFの素性に用いた音声認識誤りの検出
河野静香:広島弁認識のための音声認識装置Juliusの改良
栗栖香織:協調フィルタリングを用いたゲーム推薦手法
松岡ななほ:ハイブリッドフィルタリング手法を用いたゲーム推薦システム
平成20(2008)年度
大谷章:音声入力を用いた仮想空間操作問題における指示表現と対話の分類
中村沙織:自己組織化マップSOMによる心情を表すオノマトペの意味分類と可視化
伏見愛実:心的状態遷移を考慮した会話エージェントの気分変化手法
不動永美子:シソーラスを用いた属性情報入力支援インタフェースの構築
向井友宏:音声入力を用いた仮想空間内における情報提案型道案内システム
尾崎貴紘:表層パターンと機械学習を組み合わせた観光情報の自動抽出
田熊遥:ブログからの旅行記の自動検出
石野亜耶:リンクの評価極性に基づいたブログサイトの質の評価
堤麻紀:特許情報を用いた企業のライセンス行動の分析とそのシステム化
平成19(2007)年度
中原知美:Web上のテキストコーパスを利用したオノマトペの自己組織化
平原一帆:原文からの抜粋度合を考慮した要約の自動評価法
八重垣育枝:比喩検出のための定義文の文型に着目した単語イメージの抽出
吉岡敬弘:ブログ中のリンクの評価極性判定
小林大祐:テキストからの意見文の自動抽出
平成18(2006)年度
浅井康博:誤り修正規則作成支援のための対話型インタフェースシステム
奥田奈央:新聞記事とblogからの動向情報の抽出と可視化
兼田洋行:格要素の意味属性を考慮した事象概念タイプの判別手法
小栗佑実子:米国特許データベースからの引用文献情報の抽出
山下正雄:World Wide Webからの多次元単語イメージの抽出
近藤友樹:論文データベースからの研究動向情報の抽出
中本真吾:チャット対話文解析の頑健性向上を目的とした略語候補自動生成手法
平成17(2005)年度
岩崎雅之:ゼロ連体格代名詞検出システムの改良
上野亮太:道案内文における間接照応の考察
左京加帆:機械学習を用いた形態素解析誤りの考察
釜屋英昭:特許、論文間の引用関係を用いた論文用語の特許用語への変換
髙木大輔:文書横断文間関係を考慮した動向情報の抽出と可視化
藤本亮平:言語情報を用いた携帯スパムメールのフィルタリング手法
野田佳宏:言語情報を用いた有害画像のフィルタリング手法
平成16(2004)年度
神原浩滋:自動車に対する嗜好を考慮したWebからの評判情報抽出
国政美伸:複数テキストからの動向情報の抽出と可視化
坂本裕二:類似検索システムによる形態素誤りを含んだ文の検出
竹内洋:複数テキストからの分布情報の抽出と可視化
谷澤俊史:対話における対比的な名詞対により生起されるユーモアの分析と抽出
兵藤哲太朗:センタリング理論を応用した代名詞の自然な省略
福島志穂:文書間構造解析コーパスの分析
平成15(2003)年度
安善奈津美:嗜好を考慮した評判情報の評価計算手法
磯江健史:ゼロ連体格代名詞の検出
谷口裕子:複合語翻訳による異言語で記述された書誌情報の同定
茂地美菜江:形態素解析精度の向上を目的とした誤り修正ルール類似検索手法
矢野宏実:嗜好を考慮した評判情報検索のための評価文抽出手法
山村美和:因果関係知識を用いた間接発話行為の抽出
横道貴恵:顔文字を利用したWWWからの評判表現の収集
清家直樹:センタリング理論を逆適用した代名詞の自然な省略
平成14(2002)年度
大山芳子:文学作品を対象とした発話行為同定
門脇直也:ゼロ代名詞検出システムの改良~教師支援の視点から~
酒井寿人:シナリオ文における助詞"と"の形態素解析の精度向上
武田賢士:WWWを用いた時事的な話題の分析
中浦崇:英日機械翻訳における代名詞の省略手法
古川江里子:英語表現演習支援のためのインタラクションシステム
三木睦明:単語の概念情報に基づく「が」格の対象格判別手法
森下智史:論文データベースからのイディオム用例検索
平成13(2001)年度
家守正人:自然な聞き返し発話の生成手法
井上貴雄:自然言語対話におけるあいづち生成手法の改良
黒瀬史規:嗜好情報獲得のための知識構造化および視覚化手法
濱野誠司:情緒生起履歴を反映した情緒表出手法
深川隆之:見立て詞を利用した換喩候補文の抽出
松岡祥吾:共有知識に基づく話言葉の意図解釈
吉田恵:ゼロ代名詞の先行詞探索手法の改良
笠信太郎:遺伝的プログラミングによる多様な言い回しの生成手法
中野淳一:感性語を用いた単語イメージの多次元表記手法
平成12(2000)年度
今西亜紀子:イメージ語を用いた誉め言葉のタグ付けに関する研究
岩本崇宏:会話文における形態素解析の精度の向上
楠真吾:間接的発話意図の理解
末廣朋子:自然言語対話におけるあいづち生成システム
冨士枝剛:自然言語対話情報に基づく案内図の自動作成
水野直樹:日本語文末における過去表現の文体的単調さの解消
安川涼子:統計情報に基づく対訳テキストアライメントに関する研究
佐藤康将:無愛想な留守番電話の改善
吉江誠:真偽疑問文に対する返答発話の肯定/否定意図の解析
安本浩明:新聞記事における重要文の自動抽出に関する研究
平成11(1999)年度
川本真司:情緒に基づくプラン評価手法
寺本淳志:対話中の知識構造に基づく好感度の抽出
藤目雄一:日本語文末表現の単調さ
和田祐輔:日本語表現の男女差とその変換
小野賢治:動詞の格関係と意味情報による文の入力誤りの検出と訂正
高田美佳:文章外照応における日本語ゼロ代名詞の省略補完
渡辺泰将:会話における発話意図の工学的検出
平成10(1998)年度
尾川敏洋:誤り訂正かな漢字変換
加藤真梨子:科学技術論文における重要文の自動抽出に関する研究
財満康通:自然言語記述によるプログラム生成支援システム
島田修司:自然言語対話に用いる知識検索手法
武原陽一:形容詞の発話による情緒生起手法
伊達裕介:日本語かな・漢字及び中国語の最小エントロピーの推定
平成9(1997)年度
大野実:誤り訂正かな漢字変換
河野香織:日本語文末表現の文体的単調さ解消の研究
定永靖史:統計情報及び文章構造特徴に基づく自動要約に関する研究
高木俊和:自由展開タイプの対話における感情の推移
藤澤未央:自由展開タイプの対話のための対話プランニング手法
山根基樹:概念辞書を利用した換喩リンク候補の獲得
光永隆昭:依頼に関する発話意図の理解
安福友浩:単語イメージに基づくアイロニー検出機構の研究